『ペンギン・ハイウェイ』

TOHOシネマズ上野、スクリーン4入口に掲示されたチラシ。

原作:森見登美彦 / 監督:石井祐康 / 脚本:上田誠 / チーフプロデューサー:松崎蓉子、山本幸治 / プロデューサー:尾崎紀子、松尾拓、武井克弘 / キャラクターデザイン:新井陽次郎 / 演出:新井陽次郎、亀井幹太 / 監督助手:渡辺葉 / 作画監督:永江彰浩、加藤ふみ、石館波子、山下祐、藤崎賢二 / 美術監督:竹田悠介、益城貴昌 /色彩設計広瀬いづみ / CG監督:石井規仁 / 撮影監督:町田啓 / 衣装デザイン:やぼみ / コンセプト・デザイン:久野遥子 / 音響監督:木村絵理子 / 音楽:阿部海太郎 / 主題歌:宇多田ヒカル『Good Night』 / 声の出演:北香那蒼井優釘宮理恵潘めぐみ福井美樹能登麻美子久野美咲西島秀俊竹中直人 / 制作:スタジオコロリド / 配給:東宝映像事業部

2018年日本作品 / 上映時間:1時間59分

2018年8月17日日本公開

公式サイト : http://penguin-highway.com/

TOHOシネマズ上野にて初見(2018/08/30)



[粗筋]

 アオヤマ君(北香那)はとても頭がいい。関心を持ったことは自分で調べ、解決しないと気が済まない。目下の関心事は、街を流れる川の源泉を見つけ出すことと、歯科医院に勤めるお姉さん(蒼井優)のおっぱいに惹かれる理由だ。

 そんなアオヤマ君の暮らす街に騒動が持ち上がった。街のあちこちでたくさんのペンギンが目撃されたのである。極地に棲息するはずのペンギンが何故街中にいるのか。アオヤマ君は一緒に源流探しをしている級友のウチダ君(釘宮理恵)とともに、原因を調べ始める。

 ペンギンたちを巡る事態は思っていたより奇怪なものだった。動物園などから逃げた痕跡はなく、どの目撃者もペンギンたちがどこから来たのかは確認していない。しかも、しかるべき施設に運ぶためにペンギンを載せたトラックは、気づけばガラクタでいっぱいになっていて、ペンギンの姿は消えていた。

 どうしてもペンギンたちの行方が辿れず、川の源流探しに調査内容を切り替えた矢先、アオヤマ君とウチダ君は、川沿いの森に向かって移動するペンギンの姿を目撃する。あとを追っていったふたりだが、近づくと危険な目に遭う、と噂されている場所の手前で、クラスのガキ大将であるスズキ君(福井美樹)に見つかってしまう。ウチダ君はどうにか逃げることに成功するが、アオヤマ君は捕まり、自動販売機に縛りつけられてしまう。

 そこへ現れたのは、あのお姉さんだった。アオヤマ君を解放したあと、お姉さんはアオヤマ君の歯が抜けかかっているのに気づいて、一計を講じる。歯に糸を結びつけ、アオヤマ君が気を取られている隙に抜こうとしたのだ。そのためにお姉さんが放ったコーラの缶は、空中で突如、ペンギンに変身した。

「この謎を解いてごらん。どうだ、君に出来るかな?」



[感想]

 題名だけだと、可愛いペンギンが闊歩するファンタジー、のような印象を受ける。だがその実、本篇はむしろ、極めて本格派のSFである。

 状況はファンタジーそのものだ。実際に、街中に何故かペンギンたちが溢れ、それが忽然と消えてしまう。そしてその後、更に奇妙なモノが森の中に出没したりする。

 しかし、そうした不可解な出来事に臨む姿勢がとことん科学的なのだ。事象を観察し、法則性を見出し、原因を炙り出す。やもすると人は奇妙な出来事に対し、安易な決めつけで臨んでしまいがちだが、本篇は可能な限り思い込みを排し、原因を探ろうとする。この態度はSFと呼ぶに相応しい。

 本篇の主人公であるアオヤマ君は、こうした物語の牽引役に相応しく、探究心に満ちている。自分で「僕は賢い」と言い切るあたりは不遜だが、子供らしい言動の同級生達に鷹揚に接するかと思えば、チェスでは自分と互角に渡り合う女の子を正当に評価したりする。それを、モノローグのうえで、とは言え表明してしまうあたりが生意気ではあるが、そのあたりが子供らしく、そして好感が持てる。似たようなタイプの子供にイヤな記憶があるのでもなければ、本篇のアオヤマ君が微笑ましく映るはずだ。

 それでいて、この物語のなかで彼が経験するのは、昔ながらの“ひと夏の冒険”そのものなのだ。ありあまる時間を費やして、抱え込んだ疑問に挑み、それまでは足を踏み入れたことのない場所へと赴く。無理解な同級生との悶着があれば、大人達の横槍があり、そして甘酸っぱい恋愛感情も味わうことになる。

「人は初恋の人の面影をずっと追い求め続ける」といった趣旨の発言をしたのは北村薫だったと思う――しかもこれはSFならぬ本格ミステリについての発言であったが、しかし本篇を説明するのにいちばん適当な言葉ではないか、と思う。恐らくは、SFというジャンル、そして“ひと夏の冒険”というものの魅力を、本篇は何よりも素直に体現しているのではなかろうか。きっとアオヤマ君が終生追い続けるであろう“憧れ”の横貌を、印象的に汲み取ったのが本篇なのだ。

 本篇の終盤は、アニメーションであることの特権を謳歌するかのように、豊かなイマジネーションで彩られ、映画らしいスペクタクルに満ちている。しかしそれでも、本篇を観終わっていちばん印象に残るのは最後の“別れ”と、冒頭と対比する最後のモノローグだろう。噛みしめるようなひとつひとつの描写が深い余韻を響かせ、いつまでも忘れがたい。

 数多の名作に肩を並べるレベルの、優秀なジュヴナイルSFであると思う。



関連作品:

夜は短し歩けよ乙女

妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』/『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』/『聲の形』/『プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪ 奇跡の魔法!』/『風立ちぬ』/『舞妓はレディ』/『イノセンス

ある日どこかで』/『E.T. 20周年アニバーサリー特別版』/『転校生』/『バック・トゥ・ザ・フューチャー』/『時をかける少女』/『SUPER8/スーパーエイト』/『サマーウォーズ』/『思い出のマーニー』/『寄生獣 完結編』/『君の名は。