素晴らしき哉、原作通り。

 いまテレビ東京系列で『ゆるキャン△』の実写ドラマを放送してますが、これの原作再現度の高さに毎回感心しております。

 ここまで見事に再現出来る背景には、原作そのものが実在するキャンプ場や観光地での取材をきっちり行っている、という事実があるように思います。現在までに放送された4話まで、キャンプ場などはほぼ完璧に原作と同じ場所で撮影を行っているので、ヴィジュアルにまるで違和感がない。

 そのうえで、ちゃんとメインキャストの風貌、雰囲気も寄せているのが素晴らしい。なかでもメインである志摩リンを演じている福原遥は、もうアニメ版がそのまんま実写化したような佇まい。いささか東山奈央の演技を意識しすぎているような印象もありますが、そもそもあのキャラクターの表現としてあれ以上のものはなかなか出しにくいですし、ロケ地がほぼ原作通りに出来るなら、お手本とするのは充分にアリでしょう。

 とはいえ漫画やアニメでは出来ても実写では難しい表現もあるので、細かな変更は施されてますが、大半は許容範囲内。アニメから逆行して原作単行本をぜんぶ押さえてしまった私としては、非常に嬉しい実写化でした。この先も楽しみです。

 しかし今期、ここに来てもうひとつ、たぶんほぼ原作通りだろう、と思えるドラマが先週から始まりました。

『女子高生の無駄遣い』。

 実のところ、こちらについてはアニメ版だけで原作はまだ読んでいないため、どこまで原作を押さえているのかは解らないのですが、少なくともアニメ版と比較する限り、こちらもキャラクターの再現性が素晴らしい。また、無理に話をひとまとめにして1時間の尺を埋めるようなことをせず、短いネタの詰め合わせにしているのも好感が持てます、っていうか、“無駄遣い”というテーマによく合ってる。先生のゲスな演説をその主題のまんま引き延ばしたり、オタの漫画を実写で完全再現したり、と膨らませ方も絶妙。

 今日このあと第2回の放送がありますが、こちらも期待出来そうです。嗚呼素晴らしき哉原作通り。