画家の目から見た世界。

 今日も今日とて映画鑑賞です。TOHOシネマズの鑑賞ポイントが貯まりまくっているので、今回はそれを利用――以前はシネマイレージ目当てで“上映時間が90分以内の作品で使う”というルールを敷いていたのですが、最近短い尺の映画があんまりかからないので、110分くらいまでなら許容範囲、ということに変更しました……。

 訪れたのはTOHOシネマズ上野、鑑賞したのは、誰もが知る画家ゴッホが晩年、なにを見、なにを思っていたのか、を生前の手紙などをもとにウィレム・デフォー主演で描きだしたジュリアン・シュナーベル監督作永遠の門 ゴッホの見た未来』(GAGA×松竹配給)。ちょうど上野の森美術館ゴッホ展を開催中なので、その予習として――ではなく、純粋にウィレム・デフォーゴッホを演じた、と聞いてずーっと楽しみにしていた1本なのです。

 いわゆる伝記映画的に構成するのではなく、遺された手紙や、そこから類推される出来事、本人の信条を点綴し、ゴッホが感じていた世界の再現を試みているみたいな作品。意識的に多用した主観視点の映像の、いかにもゴッホらしい黄色い光が溢れる世界や、半分が滲んだような画面が、確かに彼の見ていたものを疑似体験させてくれてるような感覚に陥ります。絵を描くことしか出来なかった異才の苦しみと、それでも描き続ける喜びが溢れていて、決して劇中では報われていないのに不思議と快い。自ら耳を切る場面や、死に至る謎の銃撃事件のくだりについて、変な推測はもちろん、直接描くことを避けているのも、ゴッホの世界観を味わう妨げとなるのを怖れてのことでしょう。切ないんですが、何故だか幸せを感じる物語。そして期待通り、ウィレム・デフォーゴッホは素晴らしかった。

 映画鑑賞のあとは外食することが多いのですが、今日は終了時間が早めで、お昼頃には家に帰り着けるため、自宅にて食べました。