レンタルDVD鑑賞日記その638。

心霊闇動画33 [DVD]

心霊闇動画33 [DVD]

 今年5月リリースの『心霊闇動画33』が届いたので、さっそく鑑賞。新曲を披露するために録画を始めるが、異様なものが映りこんでしまう“ギターの念”、法事を済ませたあと、家族の団欒に不気味なものが介入する“七回忌のあとで”、姉の遺品を整理していた投稿者が遭遇した怪異を探るうちに、家族の闇を覗き見てしまう前後篇“土地を守る”など7編を収録。

 ……とりあえず、ぜんぶ見づらい。肝心のものがみーんな暗がりにぼんやりと見えるだけだから、スローで抜いてくれないともうほとんど解らない。唯一、一目瞭然だった“七回忌のあとで”を必要以上に高く買ってしまいそうです……いや、これはフェイクであっても評価していい内容ではありましたが。

 闇動画ではあまり覚えのない前後篇に渡るエピソードは、ちょっと展開が面白い。スタッフのあり得ないうっかりミスや、証言者の妙に身勝手な言動など、引っかかるところは多々あれど、しかしそれ故に“家族”というものの厄介さ、集落の閉鎖性、そこに蔓延する悪意が透け見えて、映像とは別のところで怖さがにじみ出ている。これで本題である映像が内容的にも絡んで来てれば文句なしだったんですが。

 いわゆる『ほん呪』フォロワーの中では、軽量ながらもわりと安定感のあるこのシリーズなんですが、出来ればもうちょっと突き抜けて欲しい気がします。それこそ今回の長篇“土地を守る”にはその突破口らしきものを予感するんですが、はてさて。