いまさらだけど触れてみる、魁 肉盛りつけ麺六代目けいすけ。

魁 肉盛りつけ麺六代目けいすけの肉盛りつけ麺 辛味、トッピング温泉玉子。 そういや、ラーメンのカテゴリを作ったのがわりと最近なので、前からときどき立ち寄っているこのお店をちゃんと紹介してないのにふと思い至った。そんなわけで、ほんとにいまさらですが、魁 肉盛りつけ麺六代目けいすけについて触れてみる。

 店舗ごとに異なる趣向を持ち込むけいすけブランドですが、メインで展開しているのは、ラーメンにたっぷりのチャーシューを載せた“肉そば”です。ここもラーメンのかたちで提供しているのは肉そばに近いのですが、他と違うのは、目玉として出している肉盛りつけ麺です。太めの平打ち麺の上に、タマネギと共に甘辛く炒めた肉が乗っており、つけ汁は特徴的な酸っぱさのある風変わりな作り。

 このお店には食べ方の案内がカウンターや壁に貼ってあります。鬱陶しい、と思うひともいるでしょう――私も基本はそういうたちですが、ここは素直に従ったほうがいい。

 まず、とりあえずは麺と、載せられた肉を混ぜ、こちらだけで食べてみると、麺と肉の風味のジャンクっぽい調和が楽しめる。それから、つけ汁に浸して食べます。汁に酸味があるので、麺に絡んだ肉や脂がさっぱりとした味わいに変化するのです。麺と肉だけ、つけ汁に浸ける、浸け具合を調整する、これだけでなかなか飽きが来ない。

 それでもどーしても肉が入ってますからこってり感が強まってくる。そこで更なる味変を施します。卓上のカレー粉もいいのですが、私が常に利用するのは、トッピングの温泉玉子です。麺のほうに落として掻き混ぜると、とろりとした食感に加えて、また違ったマイルドな味わいが出てくる。

 そのうえ無料の刻みタマネギをつけ汁に投じて食感をプラスしたり、つけ麺では定番のスープ割りの用意もあるので、その気になれば最後の一滴まで満喫出来ます――ただまあ、私の場合、このつけ汁だと塩分の摂取量がだいぶヤバいことになりそうなので、スープ割りを頼むことなく切り上げてしまうことも多いのですが。本心では飲みきりたいんですよ、ほんとに。

 けいすけの系列はどこもオリジナルな工夫があって、他の店舗にはない面白さがある。あまりに個性が際立っていて、好き嫌いの差も激しそうですが、ラーメン好きなら話のタネのためにもあちこち開拓してみる価値はあると思う――でも、それゆえに、四代目けいすけみたいに閉められてしまうと、もう二度と巡り逢えないのが困る。この六代目は現在営業している店舗では最古参になるはずですが、いつまでやってることやら……昨日、昼飯時に訪れた印象だと、けっこう回転はいいようなので、収益的には問題はないようには見えるんですけど。