レンタルDVD鑑賞日記その637。

呪われた心霊動画 XXX 16 [DVD]

呪われた心霊動画 XXX 16 [DVD]

 今年お月リリース『呪われた心霊動画XXX16』を鑑賞しました。一見何事もなく終わった肝試しの背後で友人の身に異変が起きていた“恋人”、前巻のエピソード中に行方をくらましていた人物がそのあいだに撮影した不可解な映像“鏡”とこの映像が投稿された背景と更なる怪異を語る“断末魔”、1年にわたって収録を躊躇っていたという“百物語”など6編を収録。

 この翌月から『呪われた心霊動画XXX NEO』というタイトルでのリリースが始まっているので、事実上これが最終巻、ということなのかも知れません。だからなのか、パイロット版とも言うべき『死画像』で強烈なインパクトを残したあの子が突如として再登場してます。

 はっりとした繋がりを明示するわけではなく、スタッフもそれをあえて深掘りしようとしてないんですが、それゆえにつきまとう薄気味悪さがいい。

 こういう、まあ間違いなくフェイクだろ、と解るくらいにやたらと込み入った趣向のある怪奇ドキュメンタリーでは、御都合主義が行きすぎてるくらいだったりしますが、本篇は先行するエピソードとの繋がりを窺わせながらも密接になりすぎてないのがポイントです。何が起きて、どのように繋がっているのか解らないからこそ、恐怖が身近に迫っているような感覚をもたらす。

 前述の通り、この次から“NEO”がついているので、ここらで仕切り直しを図っているのかも知れません。でもまあ、ここのスタッフとスタイルを維持してるなら、たぶん充分に観られる出来にはなってるでしょう。