台風の前に大つけ麺博2019、4杯目は本家第一旭。

本家第一旭の京都ラーメン、トッピング煮玉子。 本日は2カ月に一度のタイタンシネマライブの日です。せっかく出かけるならついでに行かなきゃ、というわけで、最近は日比谷で席を押さえていたのをTOHOシネマズ新宿に変更、用事が済んだあと電車にて新宿へ。

 幸いにそれほど降ってはいない、とは言えこんな陽気でわざわざ野外で食べようと思う物好きは少ないようで、客足はまばら。お目当てのお店はそれでも数人並んでいましたが、あまり待つことなく商品を確保出来ました。

 今日の夕飯は、本家第一旭の京都ラーメン。昨年もほぼおんなじくらいに食べてました。今以上に胃の調子が悪かったので前回はトッピングなしでしたが、今回は煮玉子を追加。熱々での提供……はいいんですが、今日だけはちょこっとスープを減らして欲しかった。片手が傘で埋まってて、バランスが取れんのよ。指が熱いのよ!

 それはさておき、味はやっぱり美味しい。醤油豚骨、と記されていて見た目はほぼ醤油ラーメンですが、スープに豚骨らしいコクがある。かなりパンチがある一方で、後味は優しく程よい余韻があります。柔らかなチャーシューに細かな脂身でボリュームを演出しつつ、ふんだんなモヤシと刻みネギで適度に緩和する。日本人に馴染み深いラーメンの味に奥行きをつけつつ、非常にバランスのいい1杯。

 食指のあとはTOHOシネマズ新宿に移動です。次の項で詳しく触れる……ところですが、昨晩から目の調子が悪く、この記事を準備するのでいっぱいいっぱいだったので、明日に回します。