大つけ麺博2019、3杯目は東横。

新潟みそ東横の濃厚みそつけ麺、トッピングプリント海苔2枚。 午前十時の映画祭10鑑賞に合わせて、今年の大つけ麺博3度目の訪問をしてきました。

 先の項でも記したとおり、週末に訪れる台風を避けて、一部の店舗が繰り上げで営業を始めるため、店舗はいつにも増して詰まってる印象。但し、少々冷えてきたせいか、それともまともな社会人は台風に備えて一所懸命働いているのか、私がいた頃合いは、客足そのものは多くない。

 並ぶのがあまり好きではないので、ふだんなら空いている店から選ぶところですが、今回は考えるところあって、行く店は決めていた。そしてそこがどこよりも混んでいた。とはいえ次に食べる機会があるとは言えないので、観念して列に着きました。30人くらい順番を待って、ようやく出てくる、と思ったら奥にいたイベントスタッフの分だった、というトドメも食らいつつ、無事に確保。

 選んだのは新潟を中心に展開する東横というお店の、濃厚みそつけ麺。トッピングは、店の名前と“令和”の元号をぷりんとした海苔各1枚です。せっかくのプリントなので綺麗に撮りたかったんですが、席を探しているあいだに汁に浸ってしまい、こんな写真になってしまいました。いちおう箸でいちど戻そうともしたんですけどね。

 いわゆる味噌ラーメンの味噌、という趣ではなく、それ自体の存在感がたっぷりの濃厚な味噌でした。細いけどモチモチの縮れ麺をうっかり深々と浸すと、想像以上に濃厚な味噌のコクが口の中に広がります。なので、適度に調整しつつ食べると、かなり変化が楽しめて飽きません。チャーシューは薄めですが肉ならではの弾力があって、優しい味わい。味玉も含め、濃厚だけどあまりくどくありません。相変わらず絶好調とは言いがたい私の胃でも、最後まで重さを感じず楽しめました。

 残念なのは、今回はスープ割りの提供がなく、とてもではないけれどつけ汁は飲みきれなかったこと。お店の方に訊ねたときの返事に“今回は”とついていたあたり、ブースの広さや人手の都合など、特殊な事情があったのかも知れません。まあ、あれでつけ汁を飲み干したら塩分摂取量がとんでもないことになりそうだったので、これでちょうどいいのか……な?