持病以外はほぼ健康体でした。

 本日は午後からの用事の前に、診察を受けてきました。とにかく早くMRIの結果を確認し、必要な処置を受けたかったのです。

 ……何にも出て来ませんでした。

 さすがにこれはちょっと驚いた。ここまでの診察や自分の調べで、いちばん症状が近いのはたぶんヘルニア、というところまで見当をつけて、手術まで覚悟してたのに、何にもない。多少の異常は指摘されてましたが、何らかの治療が必要なレベルではないそうです。

 けっきょく総合診療科から更に別の科に回され、午後の用事に間に合わなくなるのを怖れつつ、もういちど診察を受けた結果、出て来たのは、ここ数年付き合っている持病の延長上にある症状、ということでした。

 改善するには投薬と、ストレッチで弱っている部位を地道に鍛えていく、ということでした。メスが入る事態にならなくて安心はしましたけど、その代わり、あっという間に解決はしない。

 ……というわけで、このもどかしい状態と、まだまだ付き合い続けねばならないようです。まあ、ガイドラインが示されたぶん気楽になりましたし、ぶっちゃけほぼ人間ドックに近いくらいの検査を経て、持病以外はほぼ問題なし、というのが確認出来たのだけは幸いでしたが。事故や事件に遭わない限り、簡単には死なないっぽいです、私。