GW明けにJAWS。

 連休が終わりました……と言っても私はほとんど普段通りの生活をしていたのであまり実感はない。ただ、街から観光客が減ったぶん、動きやすくなった……気はする。

 とまれ、プログラム切替直後の火曜日なので、今週も午前十時の映画祭10を観てきました。未だTOHOシネマズ日本橋は半分が営業しておらず、午前十時の映画祭も再開の目処が立ってないので、今回も目的地はTOHOシネマズ錦糸町 オリナスです。

 午前十時の映画祭10、今コマの作品は、スピルバーグ3連発のラスト、リゾート地を襲うサメの恐怖を描いたパニック・ホラー『JAWS/ジョーズ』(ユニバーサル・ピクチャーズ初公開時配給)。そうでなくても昔は映画をあんまり観ないほうだったうえに、血を見るのに抵抗があったため、完全に避けていた1本です。

 たぶんこれが数多出没したサメ映画の原点のはずですが、既に“全部入り”状態。必要なものはほとんど詰まっていて、もう完璧と言っていい。直接描写は抑えつつもきちんとショックを随所に鏤め、段階的にサメの恐怖を観客に刷り込んでいく。実は終盤、状況的には停滞している箇所があるのに、それを感じさせないほど見事に空気を作っているのが巧い。改めて、スピルバーグという監督の凄さを実感。

 鑑賞後、その辺で食事……をするために歩き回るのが少々しんどいので、まっすぐ帰って自宅で食べました。脚の不調については、近日中にもうちょっと調べてもらう予定です……今度こそ原因が特定できるといいんだけど。