THE ALFEE 桜井賢さんも埼玉出身(秩父市)。

 とりあえず火曜日には何か1本観ないと済まなくなってます。本日選んだのは――前々からちょっと気にはなってたんですが、想定外の大ヒットで上映期間が延びるにつれて、これはマストで観なきゃいかんのではないか? という気分になっていた作品です。

 思わぬ俄雨に晒されつつ赴いたTOHOシネマズ上野で鑑賞したのは、魔夜峰央の異色作を『テルマエ・ロマエ』の武内英樹監督が全力で映画化、虐げられる埼玉県民の解放を願う人々の奮闘をひたすら大袈裟に描いた翔んで埼玉』(東映配給)

 想像以上に笑えました。あまりにあり得なさ過ぎて、もはやヘイト感もほとんどない。しばしば囁かれる埼玉や千葉、群馬への中傷とか微妙な噂をことごとく見事にネタにしてます。魔夜峰央の世界観そのまんまなGACKTも見事ですが、やっぱり二階堂ふみは巧い、と実感させる百面相っぷりが特に効いている。美術の細部にまでネタが仕込んであって、これは確かに面白いし、もういっかいや2回くらい観たくなる。大ヒットとなったのも頷けます。個人的には、海なし県ゆえのエピソードの数々と、川を挟んで勃発する、ご当地自慢の有名人争いが好き。あの人はそんなに協力なのね。

 ポイントが貯まっていたので、今回は無料での鑑賞でしたが……なんとなくもういっかい観たい気分になってます。こんな感じでリピーターもついたのでしょう。