しんどくても歩く。

 今月はじめ、auの“三太郎の日”の特典目当てにユニクロに足を運んだ際、3ウェイ仕様のバッグを衝動買いしたのです。ふだん出かけるときに使っているタブレットが余裕で入り、大きめのパンフレットも歪めることなく収納可能で、私としてはかなりお気に入りだったのですが、早くもファスナーがいかれてしまった。慎重に閉めれば問題はないので騙し騙し使っていましたが、要求される慎重さが加速度的に厳しくなってきたので、耐えられなくなり店舗に連絡、交換してもらうことにしたのです。

 通院の疲れも少し抜けた夕方、電車を利用して店舗に出向き、状態を確認してもらったうえで、予め確保してもらった新品と引き換えてもらいました。私の見立てでは、そもそもファスナーの構造自体が弱い傾向にありそうなので、仮に替えた製品に不具合が生じても、もう交換や返品は行わない予定。その代わり、要求に対して弱い可能性はある、ということは上の方に伝えて下さい、とお願いしておきました。なにせ全体の作りはお気に入りなので、これで使わなくなるのはちょっと癪に障るのです。

 用件はこれで終わり、ですがまっすぐ帰るのももったいないので、未だ重たい足に鞭打ち、ひと駅先まで歩いて、ときどき利用している書店へ。集めているコミックの新刊と――迂闊なところに放っておいたが故に猫の粗相で犠牲になった旧刊を1冊購入。それから駅の構内に入り、最近親子でしばしば利用しているスープストックトーキョーの冷凍した製品を購入して、ようやく帰宅の途へ。

 ここしばらくの経験で、どれほど身体がしんどくても、動くときは積極的に動いた方があとあと体調はよくなる、と解ったので、あえて歩き回ったのですが――それでもさすがにしんどかった。ほんとに、早いところこの脚の重さの原因を特定したいぞ。