人生初胃カメラ体験。

 前々からず~っと気に懸かっている不調の原因をしっかり特定すべく、先週からバタバタと動いています。その一環として先ほど、人生で初めてとなる内視鏡検査を受けてきました。

 ……病院に行く直前がきつかった。昨晩の20時以降、水やお茶以外は当然禁じられている。朝、起きた段階で足許はふらふら、そして母に車を出してもらって通院しよう、と思っていたら、猛烈な吐き気に襲われた。

 それでも検査はしておきたい、という一心で病院に駆けつけ、点滴を打ってもらいながら、どーにかこーにか検査を受けました。想像していた以上の苦しみを味わいました……しかし、とりあえずは無事終了。点滴が効いたのか、朝よりは気分もよくなっていたので、ふたたび母に車で迎えに来てもらいつつ、無事に帰宅。

 検査の詳しい結果はまた後日の診察で教えてもらう予定ですが、検査を担当した医師の見たところでは、大きな問題はなさそう、とのことです。むろん、見ただけでは解らないこともあるでしょうけれど、目視で何もない、というだけでいちばん心配だった腫瘍の類はない、というのが確定的なので、とりあえずは一安心。

 ……ただ、それはそれで、やっぱりこの不調はなんなんだ、という疑問もあるので、諸々の検査は継続するわけですが。いつになったらスッキリ出来るかな~……。