今年最初の長丁場……のはずだったんだけど。

 プログラム切替直後の火曜日は午前十時の映画祭9。というわけでいつものTOHOシネマズ日本橋――は、先日触れたトラブルによる営業中止がまだ解けていません。しかしコンプリートも懸かっているので、出来る限りローテーションは乱したくない。

 23区内では他に新宿と錦糸町でかかっている。新宿は他のイベント合わせで訪問することが多いので、せっかくなら、と錦糸町で鑑賞することにしました。もともと錦糸町エリアでは楽天地シネマズ錦糸町でかかっていたのですが、楽天地ビルの改装をTOHOシネマズ錦糸町 楽天地になりました。リニューアル後はまだ訪れたことがなかったので、この機会に行ってみることにしたわけです。

 今回の作品は、今年度の映画祭でも最大の長丁場。早めに劇場入りするつもりで、時間を多めに見つくろって家を出ました。



 人身事故の影響で、電車が間に合いませんでした。



 ……まさかここまで時間をロスするとは思いませんでした。秋葉原総武線に乗ろうとしたら出発せず、別のルートを探しているあいだに時間が経ち、動くことに望みを託して総武線に戻るも、ひと駅ごとにずーっと停車している始末。けっきょく現地入りした時点で映画は始まっていました……なまじ長いだけに、冒頭だけ観ていない状態にしたくなかったので、今日は断念。

 近い時間で別の作品があれば観ていこうか、とも思ったのですが、そういうときに限って適当な作品がまったくない。けっきょく、何もせずに家に引き返す羽目になったのでした……『テクテクテクテク』の地図が少し余計に埋まったのだけが唯一成果と言えるかも知れない。



 なお、劇場自体は、想像していたよりもいい雰囲気でした。楽天地シネマズだった当時はいかにも古い劇場、といった佇まいでしたが、きちんと他のTOHOシネマズに内装を合わせており、清潔感もある。6階と4階に2スクリーンずつが配されているのですが、当然ながらそれぞれの階に売店があるので、長丁場の映画を観るとき、途中で食べ物を補充したくなった場合はむしろ大きなシネコンよりも使い勝手がいいかも知れません。

 文句をつけたいところもあれど、設備自体は悪くなさそうなので、近いうちに改めて錦糸町で仕切り直してきます。