2作連続初日に観てしまった。

 金曜日は午後に外せない用事があります、が、行き先は上野の映画館からほど近いところなので、用事までに昼食まで片付けられるスケジュールが組めるなら、午前中にも観に行くことは可能。幸いに、今日封切りの作品のなかでもいちばん観たかったのがここにぴったりハマったので、早々にチケットを確保してしまいました。

 というわけで朝から、重い荷物を提げて、徒歩にてTOHOシネマズ上野へ。鑑賞したのは、昨年の邦画No.1ヒットを遂げた作品の続篇、真選組の内乱に、坂田銀時ら万事屋の面々がひと役買う銀魂2 掟は破るためにこそある』(Warner Bros.配給)

 前作は観逃した部分が惜しくてすぐさま2回劇場に足を運んで、2回とも楽しんでしまったくらいにお気に入りでした。なので、あちらはなんとなく初日に行ってしまっただけでしたが、今回はけっこう楽しみにしていた――そして期待を裏切らない、見事な出来。冒頭からず〜っとパロディたっぷり、アドリブふんだんで笑いを取りに来る一方、前作では脇に控えていた真選組に焦点を当て、ユーモアを交えつつも熱いドラマを繰り広げる。終盤のやり取りはいささかあざといですし、やりすぎのきらいもあるんですが、そういう全篇を通した“過剰さ”も魅力のひとつ。私は原作についてはほぼ触れておらず、アニメをちょこっと観ただけですが、その程度でも充分に楽しめる、っていうか、パロディや作中に触れられるネタがわりあい一般的なもの中心ということもあって、これ単体でも充分楽しめると思います。

 鑑賞後は、劇場からほど近いところにある、魁 肉盛りつけ麺六代目けいすけ湯島店で昼食。混んでいると用事に間に合わないかも、と危惧してたんですが、私がお店に入った段階ではまだお客は少なめだったので、余裕で食べられました。

 基本的に四代目のほうが好みでよく利用してますが、こっちも美味しい。前に2回来たときは基本メニューだったのを、今回は辛つけ麺。ちなみに辛くなっているのは、麺の上に盛られたお肉のほうでした。ここは壁に貼られた案内で、最初は麺と肉を混ぜた状態で、つけ汁につけず単独で味わうのをお薦めしてるんですが、載せられた肉が辛くなっているので、この時点で辛い。つけ汁に漬けたり単独で食べたり、更にはトッピングの半熟玉子を混ぜたり、卓上の刻みタマネギやカレー粉をかけて味を変えると、最後まで飽きずに食べられます。このところ胃の調子がいまひとつで、前回来たときは最後に少し残してしまったのですが、今回は辛味で食欲も増進したお陰か、苦しくなることもなく完食しました。

 上野で映画を観たあとに立ち寄るには最適の立地なので、きっとまた立ち寄ります。