墓参りに行く日ではなかった。

 先日、晩年の父と親交の深かったご近所のかたが亡くなり、その報告がてら墓参に行く、と母が言うので、私も同行してきました。お墓がある霊園までの道程は、お盆の時期になるととんでもなく混雑するので、早めにお参りしてきたかった、というのもある。

 ……しかしそれでも、夏休みに入って最初の週末、というのはあまり良くなかった。8割方は空いていたのですが、よりによって幹線道路まわりで工事が重なっていて、その辺でだいぶ時間を浪費してしまった。帰りには行きつけの蕎麦屋に寄る予定でしたが、前回訪れたときと比べると1時間近く遅くなってしまった。……バイクで出かけるなんて言い出さなくてよかった。



 仮眠を取ったあと、思案したあげくに、『未来のミライ』の感想をアップしてしまいました。今年鑑賞した別作品と、実はテーマ的にものすごく近いものがある、と気づき、まだ手もつけてないそっちの感想を仕上げてからにしようか、と悩んだのですが、思いのほか細部の記憶が曖昧で、再鑑賞しようにもまだ配信もソフトもリリース前、という状況ゆえ、このまんまだと『未来のミライ』の感想がずーっと棚上げになってしまいそうだったので。それに、けっこう根幹に関わるアイディアの問題だったりするので、どのみち感想のなかで直接触れることは出来ませんし。