レンタルDVD鑑賞日記その575。

呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)9 [DVD]

呪われた心霊動画 XXX(トリプルエックス)9 [DVD]

『ほん呪』を別格とすれば、個人的にはいまいちばん面白い怪奇ドキュメンタリーだと思っている『呪われた心霊動画XXX』の第9巻。深夜の山中で巡り合った奇妙な男と怪奇現象“ナイトハイカー”、ある時間に自撮りをすると自分の死の瞬間が写るという噂を確かめた女性達が遭遇した怪異“夕焼小焼”、友人宅を繰り返し訪ねるという人物の正体“親戚夫婦”など6篇を収録。

 相変わらず面白い。映像としては不自然な印象を残しつつも、演出やエピソードの構築が絶妙なので、惹きこまれますし、何より素直に怖い。一時期ほどではないにせよ、扱うエピソードが微妙にリンクしていて、しかもそこに過剰に踏み込まないのが絶妙。

 連作となっているエピソードのインパクトがやっぱり強いのですが、いちばん私の印象に残ったのは、“『落下する友人』の後日譚”に登場する“WQ”の文字。あんなにクッキリ出ていても意味不明、というのが素敵だ。