この木なんの木気になる木。

 我が家には狭いながらちょっとした庭があります。もともとここは母の実家なのですが、建て替える際に庭の場所はそのまま、庭木も立派なものは残しているので、家の築年数と比較するとけっこう傍目には立派に見える。

 それが目を惹いたのか、先日、とある大学で地域ごとの植生を調査している専門家のかたがやって来た。どうやら、家の人間が思っている以上に興味深かったようで、一昨日、連絡のうえ再び訪れたのです。

 うちは父と母が出かけるとときどき新しい植木を買ってきていたので、土地に根付いている植物は少ないのでは、と思っていたのですが、専門家に言わせるとそうでもないらしい。母の話も合わせると、たとえ外来の植物でも、ものによっては50年くらい代替わりをしつつ生き残っているものもあるようです。

 そんな感じで、生えている植物について記録しつつ1本1本説明してくださったのですが、これだけ詳しい方でも、1種類だけ特定できない植物があった。サンプルが欲しい、と仰言るので、上の部分を切って、持っていってもらいました。後日、調べた上で連絡してくれるそうです。新種だったら面白いんだけどな~。

 興味深いので、専門家の方がいらっしゃっているあいだ、母と一緒にお付き合いして庭にいたのですが、うっかり上着を着るのを忘れていた。昼間とはいえ、一気に冷え込んできた頃合いに薄着でいたせいで、ずっと引きずっていた風邪をまた軽くこじらせております……。