この選択は正しかったのでしょうか?

 午前十時の映画祭9、プログラムの切替は今週金曜なので、普通なら今日は他のロードショーなんかを観に行く日です。が、この間まで大つけ麺博に合わせて行動していましたが、終了とともにもともとのローテーションに戻すためには、このタイミングで観ておかないと、また新宿に行かねばならなくなる……新宿が嫌いな訳ではありませんが、昼食を摂るところにいつも悩むので、早めに日本橋に切り替えたかったのです。

 そういうわけで、さっさとネット経由でチケットを押さえてみたら、当日お昼から雨の予報。出かける時点では小康状態でしたが、逆らわずに電車にて移動。

 TOHOシネマズ日本橋にて鑑賞した今コマの作品は、ホロコーストにまつわる記憶に縛られた女性の運命を描き、メリル・ストリープにオスカーをもたらしたドラマソフィーの選択』(ユニヴァーサル=CIC初公開時配給)

 いまの説明に書いた程度の予備知識で鑑賞したら、さすがオスカー獲得作、とんでもなく深い業を描いたドラマでした。序盤、ネイサンの言動にイラッとするんですが、あの状況こそ、ある意味でソフィー自身が選んだ運命なのかも知れません。作家になる、という夢を抱き、己を探していた青年が彼らを目撃した、というのもまた運命のいたずらに思える。青年の視点のお陰で青春ドラマの瑞々しさをまといながら、まるで刃物の上を歩くような緊張感も漲った、傑出したドラマ。いい映画です、ヒドい話だけど。

 劇場を出てみると街は土砂降り。一瞬尻込みしましたが、当初の目論見どおり、少し足を伸ばして、二代目めん徳つじ田八重洲店にて昼食。神保町のほうの店舗は何度か利用したことがありますが、こちらでは初めて。帰りも電車を使うことを考えると、こっちのほうが便利だったのです。味については、神保町の店舗と一緒なので、安心していただけました……他方で、やっぱり今日は体調がいまいちだ、というのも痛感したり。麺だけでもぜんぶ食べるのはちょっと辛かった……。

 2週連続で観てしまったので、次に午前十時の映画祭9を観に行くのは3週間後です。次は伝説の俳優ジェームズ・ディーン最期の主演作『ジャイアンツ』……久々の3時間超えなので、体調整えておかないと……。