これは、槇原敬之の新曲とテーマが同じなのです! ※キュアマシェリの声で再生してください

 昨日で大つけ麺博は終了しました。故に、なるべく新宿を基準に観に行く映画館をチョイスしていたのも昨日まで。本日のお目当ては、前からここで観ることが多かった、という理由で、豊洲を選びました……ここしばらくは陽気が良さげなので、バイクで出かけたかったから、というのもある。

 豊洲市場がオープンしたため、晴海大橋あたりがだいぶ走りづらくなってしまいましたが、もう通り慣れているので、状況はだいたい把握出来る。お祭りなどのイレギュラー要素もなく、だいたい想定どおりの時間に到着。

 食事とか買い物のためにだけ来たことはありますが、ここで映画を観るのは約5ヶ月ぶり、ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞した今日の作品は、プリキュアシリーズ15周年記念作品、奪われた歴代プリキュアたちの記憶を取り戻すために、初代コンビと現役メンバーが協力するHUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』(東映配給)

 ここのスタッフの探究心の豊かさは重々解っていますし、ここ数年の変化も見守っていたので、3DCGが多く用いられるのは想像がついていた。毎回、しっかりドラマを作りあげるスタッフであることも解っている。しかしここまで熱くなるとは思ってませんでした。序盤はまるで初代の劇場版を思い出させる展開で、これだけでも全部観ている私みたいなのにはかなり来るんですが、物語の設定や展開が否応なく、他のシリーズの作品を観てきた人たちをも刺激し喚起する仕掛けになっているので、すごく感動的。ラストの着地も、それまでの流れから想像はつくんですが、だからこそ爽快感がある。こんなに15年の集大成として相応しい作品もない。年齢問わず、プリキュアシリーズに親しんだひとはとりあえず観ましょう。

 観終わってから、いつものように近くのラーメン店で食事を摂ったのですが、そこから帰宅するあいだずーっと、そういやこの映画の主題、槇原敬之の新曲『記憶』とテーマが似てるよな~、と思っていたのでした……いや、そもそもが決して特異な主題ではないので、類型はあちこちにあるんでしょうけれど。

 そのまんま少し買い物に行くつもりだったのですが、充実感が強すぎてちょっと下れたので、いったん家に戻り、少し寝てから今度は運動がてら自転車にて秋葉原に出かけました。

 主目的はストックが尽きかけているBD-Rの補充、なんですが、さっきの映画とテーマの共通点に気づいてしまったので、ついでに槇原敬之のシングルも買うつもりでした……が、あっちこっち見て歩いているうちに、気づいたらキュアパルフェ、もとい水瀬いのりのニューシングルを手にしてしまっていた不思議。