豊洲から、何故か大つけ麺博へ。

 映画鑑賞の際、とりあえずの大雑把な感想などを記録するのに使っているシネマダイアリーが、もうすぐ1冊終わってしまいます。ユナイテッド・シネマ豊洲で購入して、ここ何年かずっと愛用しているのですが、どうも一般的にはあまり売れていないらしく、最近は売り場でも現物が出てくるまで時間がかかったりする。

 いちおうユナイテッド・シネマで販売していたものなので、先日訪れたアクアシティお台場でも在庫がないか訪ねたのですが、案の定置いていない。それ故に今日は、シネマダイアリーを買うためだけに、バイクにて豊洲に出かけてきました。

 いちおう前日のうちに、電話で在庫の確認をしてあったお陰なのか、いつもならけっこう現物を持ってくるまで時間がかかるのに、今日は窓口で訪ねたらあっという間に持ってきてくれました。確認したお陰なのかは不明ですが、迅速で助かった。

 どーせ豊洲まで来たんだから、せめていつものラーメン店で食べていこう、と考えていたのですけど、そういうときに限ってかなりの行列。混雑を考慮して、お昼よりちょっと早めに到着したにも拘わらず。しばし思案したあげく、

「よし、大つけ麺博に行こう」

 という謎の結論に至り、豊洲を離脱。豊洲から新宿、というルートはあんまり辿った経験がありませんが、さすがにこの界隈ならまあまあ土地鑑が出来ている。連休らしく、運転が妙に心許ない車に悩まされつつ、どーにか新宿に到着。

 当然といえば当然ですが、こちらもかなりの人の入り。あんまり並ぶのはイヤだったので、当初食べてみたかったお店のなかから、行列の少ない店をセレクトした……のですが、あまり正しい判断ではなかった。ここは油そばを提供しているため、どうしても茹で時間が長くなり、注文から提供まで少し余計にかかってしまう。豊洲からこっち、ずーっと陽射しを浴び続けているので、若干クラクラしました……。

ふぶかのぶぶか油そば。" 今回選んだのは、吉祥寺から出店のぶぶかが提供する、ぶぶか油そばです。実は油そば初体験。名前の響きよりはあっさり食べられるものが多い、と聞いてはいるんですが、ラーメン好きのくせに油にはあんまり強くない(摂取量に限度がある)ほうなので、抵抗感が強かったのです。でもせっかくなので挑戦してみた。追加料金が必要なトッピングはせず、受け取ったときに自分でかけられるお酢とラー油だけ追加してきました。

 聞いていたとおり、そんなにくどくない。味は濃厚ですが、スープがないので却って食べやすい……最初のうちは、遠慮しながら混ぜていたせいか、底の方に油が残っていて、最後のほうはあからさまに私が苦手な濃厚さになってしまいました。

 ただ、案内にもあるとおり、お酢を加えることでかなりあっさり感は増していて、ラー油の辛味で食欲も適度に刺激出来る。スープに浸ることによる濃度の変化がないので、最後まで麺のもちもち感やチャーシューの肉本来の味わいが楽しめる。普通のラーメンならどうしてもスープを吸ってしまって、食感がどうしても変わっていくものですから、食材を楽しみたいなら油そばのほうがいいのかも。慣れは必要ですし、絡めるタレによってはやっぱりだいぶヘヴィになりそうですが、人気店だけあって、ここのバランスはいいと思います……私には最後のほうがしんどかったけど、それはあくまで私の問題。

 せっかく新宿まで出て来たので、ついでにちょこっとだけ買い物をしてから帰宅。ああ、それにしても暑かった。