野外で食事の出来る気候じゃねーよ!!

 多忙だったり体調を崩したり天候そのものが崩れたり、で半月ほど身動きがままなりませんでしたが、スケジュールの兼ね合いから、もう今日しかタイミングがないので、昨晩少し遅くまで起きて作業を進め、一段落させたうえで、本日は朝からお出かけしてきました。台風が昨晩のうちに去って良かった――とは言い条、予報されていたとおりの木枯らし模様で、バイクで走るのはなかなかの苦行でありましたが。

 基本的にはプログラム切替直後の月曜日に鑑賞している午前十時の映画祭8ですが、そういった流れから今回は2週目の今日、TOHOシネマズ新宿にて鑑賞してきました。作品は、『天国と地獄』に続いての黒澤明監督、拳銃を盗まれた刑事の犯人追跡をドキュメンタリー風に追ったサスペンス『野良犬』(東宝初公開時配給)

 天下の黒澤作品、ですが、初期作品ゆえなのかテンポが悪く、寝不足気味の私には少々眠たかった。ただ、拳銃を盗まれた当人の焦りと周囲の冷静さが巧みに対比されて展開する捜査の様子、そこに織り込まれる終戦後間もない風俗描写の生々しさは抜群。また、一連の情報を蓄積したうえで描かれるクライマックスの緊迫感、スピード感は凄まじかった。大傑作『天国と地獄』と揃ってこの映画祭に採用されたのも頷けます。

つけ麺道 癒庵の山形・辛味噌つけ麺、味玉トッピング。 鑑賞後は昼食を摂るべく、2週間ぶりの大つけ麺博へ。

 今回は、食べるものは予め決めてありました。強風のせいかあまり列もなかったので、迷うこともなくお目当てのお店へ。

 つけ麺道 癒庵というお店の、山形・辛味噌つけ麺に、いつも通り味玉トッピングでいただきました。少し濃いめのスープに乗せた辛味噌玉をほぐしつつ、中太縮れ麺を絡めて食します。だいたい想像した通り、ではあるのですが、充分に美味しい。スープの器が小さめということもあってか、モヤシやチャーシュー、メンマなど具材がたっぷり入っていて、けっこう食べ応えがある。

 麺と味玉を堪能させていただいたあとは、仕上げに割りスープをもらって飲み干す、というのがつけ麺の流れです。席を立ち、まだ残っていたペットボトルをリュックに仕舞っていたとき、悲劇が起きました。

 強風がトレーを吹き飛ばしました。

 ずっと警戒はしていたのです。強い風が吹くたびに係員の方も注意を呼びかけていたので、私もなるべく器を押さえるようにはしていた。しかしほんの一瞬、油断した直後に、持っていかれてしまった。

 幸か不幸か、中身は脇のテーブルにすべてぶちまけられ、奥のお客には被害はなかった……と信じたい。すぐさま駆けつけてくださった係員の方が片付けを買って出てくださったため、そそくさと会場をあとにしてしまったので、今となってはそこが心配です。

 スープ割りの分を仕切り直す気になどならず、そもそもこの強風では帰りがしんどいのも眼に見えている。案の定、何度も木っ端の如く吹き飛ばされそうな恐怖を味わいながら家路を辿ったのでありました。

 スケジュールの都合で、大つけ麺博に足を運ぶのは今期、これが最後になる可能性が高い。悔いの残るラストになってしまいました……もっとも、今年は大つけ麺博そのものがずーっと悪天候に祟られた感はあって、主催者の方が気の毒に思えるんですけど。