本日のお買い物

 いよいよ残すところあと2号となった傑作カンフー映画ブルーレイコレクション、ここに来て発売日に届くようになりました……なんでだ? とまれ今週の第29号は、当初『燃えよデブゴン2』として紹介されたサモ・ハン初期作品です。

 ただし、この作品はどちらかというとサモ・ハンはサポート的な役割で、本篇の仕掛け人はのちに『悪漢探偵』などで香港映画界に新風を巻き起こすカール・マッカであり、主演は『酔拳』での妙な兄弟子役が印象的なディーン・セキというのが実際のところらしい。これら、のちに香港映画界を牽引する才能たちが様々な実験を試みた作品であることが注目点。カンフー映画としてはちょっと旨味に欠けるようですが、それでもこのシリーズに収録されたのは、そういう存在価値が評価されたが故なのでしょう。

 ラストとなる次号は香港カンフー映画最初のスターであるジミー・ウォングが監督と主演を兼ね、剣戟が主であった香港映画に功夫を浸透させるきっかけを作った『吼えろ! ドラゴン 起て! ジャガー』。