新耳袋トークライブ115。

新耳袋115看板。 というわけで本日のメインイベント、新耳袋トークライブ115です。

 木原浩勝氏がツイッターで触れられていたように、今日は『九十九怪談』の完結と新耳Gメンの復活、あと木原氏の誕生日のあとのイベント、と記念づくしにつき、いつもと違う展開でした。

 まずは久々に新耳Gメンの登壇です。殴り込みシリーズを立ち上げた元祖である田野辺キャップに、今回ゲストとして参加された、林家しん平師匠のお二方が登場。どちらも色々あってお身体がボロボロなので、早めにお返しするため宣伝に先駆けて登壇していただいた……はずなんですが、なんだか師匠のが乗りすぎてけっこう長引きました。まだ編集はおろか撮影もぜんぶは終わっていないようですが、期待して良さそうです新耳Gメン復活編。劇場公開は8月下旬予定だそうな。

 このあと休憩と宣伝を挟んで、このイベントでも極めてレアな映像を見せていただきました。詳細は省きますが、これは本当に凄かった。

 ふたたびの休憩を挟んでの第3部はようやく怪談……の予定でしたが、このところ多忙で登壇していなかった某氏が登場したこともあって、色んな意味で様子の違うくだりに。完結した『九十九怪談』に絡めてちょっと怪談も挟まれましたが、全体としては、先に鑑賞した映像についての話も含め、木原氏の今後の活動方針に割かれました。今年に入って幾度か仰言っていたように、しばらくは百物語というかたちでの新作は書かれない心積もりながら、このイベントでのお披露目を第一に、『現世怪談』を中心として発表は綴られるとのこと。私も出来る限り、今後も通い続けます。

 実のところ、今日あたり松江怪喜宴のチケット発売についての情報が出るかなー、と推測していて、チケット代も準備しておいたのですが、それは無駄になりました……まあ、仮に買い逃したとしても、会期には松江に行くのはもう決定事項なんですけどね。飛行機のチケット取っちゃったし。