5月の悪夢ふたたび、なのか?

 昨年の5月はひどい騒ぎでした。ブルーレイレコーダーが実質使用不能になり、直後にWindows10アップデートを試みたデスクトップも死亡、どちらも大慌てで導入する羽目になった。更には母親が遣うためのタブレットPCも購入して、そのセットアップ作業なんてのも加わってきたので、連日のようにバタバタしていました。

 ……きのう、ブルーレイレコーダーが使用不能になりました。

 先月ぐらいから兆候はあったのです。突如、謎のフリーズ状態に陥り、録画予約の実行やネットワーク経由での再生が出来なくなるトラブルが発生した。これらはひとまず電源ケーブルの抜き差しも含むリセットの手続で改善したため、サポート側からは修理を勧められたもののいったん棚上げにしていたのですが、昨日、毎週録画に設定していた番組の放送がなく、予約履歴に残っている録画未実行のメッセージを消去する手続を実施しようとしたところ突如動作停止、それからは再起動も出来ない状態に陥ってしまった。

 レコーダーで不具合、修理を行わねばならないときに困るのは、これまで録画したデータがすべて再生不能になるリスクがあること。だからこそ動かせるうちは騙し騙しでも維持したかったのですが、再起動さえ不可能になってしまったら如何ともし難い。

 サポートの方にもその辺は執拗に訴え、出来る限り録画データを維持できるかたちでの修理に努めてもらうようお願いはしました……が、果たしてどうなることやら。午前中に先方の手配した配送業者にレコーダーをお預けしましたが、帰ってくるのがどのくらいになるのかも気懸かりです。仮に録画データが維持できたとしても、続けて録っていたアニメとかが途切れるのが癪に障る。『貴族探偵』揃えてたのになー!

 そして今日は、この手配と並行して、母のタブレットPCの修理も手配しておりました。

 昨年いちど、キーボードが認識できないトラブルが発生し、修理に出しているのですが、その際はキーボードにこちらが原因の障害が発生した、ということでキーボードのみ有償で交換してもらっている。同時にチェックしてもらった本体の方は問題なし、ということのはずだったのですが、ここに来て、作業中に突然電源が落ちる、という現象が多発している。OS起因のシャットダウンなら、再起動後に修復の手続が挟まったり、通知が残っているはずなのですが、一切見当たらない。

 こちらも本体を見てもらわないことには始まらないので、サポートに連絡のうえ、諸々手配することに。現象から推測する限り、本体の不具合の可能性が高いので、無償での交換にはなりそうな気配ですが、こちらも点検の結果を見ないと解らない。

 最悪の場合、レコーダーも母のPCもまた購入し直しになるかも知れません……去年、必死こいて環境の整備に努め、ようやく落ち着いてきた、と思った矢先なのに。

 このうえ、作業のメインとして利用している自分のデスクトップにトラブルが発生したら、泣くぞ。泣くぞ私。