レンタルDVD鑑賞日記その513。

  • 『ネットから削除された禁断動画 Not Found24』(アムモ98)

 昨年3月リリースのシリーズ第24巻。縁結びの恩恵を求めて訪ねた神社で発見した絵馬に祟られてしまう“呪いの絵馬”、ネットの生配信中にカメラが捉えてしまった想定外の光景“友達だと思っていたら…”、スタッフの元に届いた日本人形を巡る奇妙な騒動“呪われた日本人形”など8篇を収録。

 だいぶ間が開いてしまいました。一時期の低迷は脱しつつある、とは言い条、どうしても警戒してしまって、リストで順位を落としがちだったんですが、久々に鑑賞したら、やっぱり少し盛り返している感がある。

 明白な怪奇現象であったり、強烈なグロ映像は出て来ないんですが、状況の異様さに加え、ある程度まで取材でフォローすることで観る側の好奇心を惹き、ざわついた気分を味わわせてくれる。きちんと怪奇ドキュメンタリーとしての面白さが演出出来てます。

 ……とは言い条、1本目に収録された“呪いの絵馬”のエピソードについては、個人的に笑いを禁じ得なかった。だって、登場する神社、まる分かりなんだもの……あそこに呪いの絵馬がある、などと言われても困る。

 スタッフも絡む前後篇“呪われた日本人形”のインパクトもいいですし、今回は心霊スポットへの突撃レポートもまあまあ見応えがあったのですが、映像としてなかなか秀逸だったのは“マイクロスコープに映ったのは”。惜しむらくは、映像だけで充分に気持ち悪いのですけど、あの場所が実際にどのような状況だったのか、現地取材は無理でも、関係者の談話を得るとか、出来る範囲で検証はして欲しかった。これだけでも面白いんですけどね。