鑑賞報告

 無性に観たくなって、急遽鑑賞してしまいました。傑作カンフー映画ブルーレイコレクション最新号収録の『ユン・ピョウinドラ息子カンフー』です。

 先に読んだ小冊子で絶賛されていたとおり、確かにこれは初期スタイルのカンフー映画の理想型、と言っていいと思います。大雑把な骨格は『酔拳』あたりを踏襲してますし、ところどころ極端な描写や展開も見受けられますが、しかし全体ではちゃんと動機付けが考慮されており、主人公の成長の軌跡も明確に組み立てられている。修行のくだり、ラム・チェンイン演じる師匠が、自分よりも詠春拳に優れた兄に指導させるため、敢えて兄を挑発する描写などにユーモアも鏤めていて、枠組はオーソドックスでも見所が多い。

 そして何より、最も脂が乗っていた頃のサモ・ハンとユン・ピョウに、ふたりと同様に京劇の流れを汲むラム・チェンインが加わったアクロバティックでスピード感溢れる格闘シーンの見応えが素晴らしい。解説で谷垣健治氏が絶賛するのも納得の傑作でした。