邦題考えるの大変だったんだろうね……。

 金曜土曜は封切り作品を鑑賞するのが優先なんですが、今週は特例で、午前十時の映画祭7を押さえてきました。私の通常のルールは、プログラム切り替え直後の月曜日に鑑賞する、なんですが今週はご存じの通りアカデミー賞の発表があったため、外さざるを得ませんでした。次の月曜日は、また別の作品を観に行くことを考えているので、取り急ぎ押さえてきた次第。

 いつものTOHOシネマズ日本橋にて鑑賞した今コマの作品は、シドニー・ポラック監督、メリル・ストリープ主演によるドラマ、アフリカで農園を開いた女性の数年間を回想する愛と哀しみの果て』(ユニヴァーサル映画×UIP初公開時配給)

 いくぶん情緒的すぎるきらいはありますが、安易な見せ場に頼ることのない厚みのあるドラマです。このあいだのアカデミー賞で“過大評価されている女優”とさんざからかわれてましたが、存在感や佇まいの醸しだす空気はさすが。終盤の説得力、深い余韻もドラマの積み重ねと演技の重厚感の賜物です。見応えは充分でした。

 私自身も観ることに抵抗を覚えていた大きな原因は、あまりにもロマンス色濃厚な邦題にあったんですが……しかしこれは仕方がないところかも知れません。現代“Out of Africa”をそのまま訳すと日本語では素っ気なさ過ぎるし、他にどこかの要素を抜き出しても物足りないし、何より売りにならない。本質を犠牲にしてでも、キャッチーな語句を選択したのは、戦略としては間違ってないと思います。実際、内容は知らなくてもタイトルだけは知ってる、というインパクトをちゃんと残しているわけですから。駄目だというならもっと相応しくて誰しもが「そのタイトルなら観たい」と思う代案を挙げてみようね。

 鑑賞後は久々に近くの立ち食いそばで昼食を摂ってから帰宅。