電子書籍の凄味と言おうか。

 このところ電子書籍を利用することが増えてます。基本、紙の書籍が大好きなのは変わってないんですが、慣れてみると端末1つに複数の書籍を入れておけるのは楽。それに、コミックなんかだと、スマホでは小さく感じられるものの、タブレットだと新書版よりも大きく眺められますし、複数の端末で読書の進捗を共有できるのも嬉しい。

 特にいま愛用しているのが、BOOK☆WALKERです。KADOKAWAが株主となっているところなので、この辺の漫画が充実しているのもそうですが、個人的にはアプリの使い心地がいちばんしっくり来た、というのが大きい。紙の書籍を読んでいるのに感覚がいちばん近いのです。主に漫画で愛用していますが、既に紙で持っているお気に入りの作品とか、紙書籍は絶版になっていて入手困難、といった類の小説もぽつぽつ購入してます。

 このBOOK☆WALKERが本日付で5周年ということで、10日に及んでセールが行われています。この間は還元されるコインが増量されて、普通に買うだけでもお得なのですが、特に初日である今日は、角川系列のライトノベル作品の1万5千円くらいのセットを555円で買えるクーポンが数量限定で配布されていた。中に、『スレイヤーズ』全巻セットがあったので、それを狙っていたんですが……あえなく玉砕。ツイッターで告知を見て、すぐに購入手続に入ったのに、もう売り切れなんだもの。あんなの無理だ。

 しかし、そこで諦めがつかず、しばし悩んだ挙げ句に、クーポンを使用せずに購入してしまいました……ただし、本日に限り、クーポンなしでも税抜5555円で購入出来ますから、どのみち定価よりお得ではあったのです。

 購入後、さっそくダウンロードし、短篇集のほうに手をつけたのですが……ページ数が1万超えてる。全35巻もあるから。読みでがあるどころの話じゃない。じっくり楽しむとしましょう。



 ちなみに、コイン還元が何だかんだで50%以上あるため、この全集を買っただけで3000コインぐらい獲得してしまった。せっかくなので、『ゆるゆり』の未購入の巻も獲得したコインで買ったりしていたのですが、そのたび半額近く戻るもので、なかなか尽きません……漫画に文庫と新書、都合7冊買い足したんですが、まだ1600コインも残ってます……ちょっと怖くなってきた。