魔女の次は、魔法使いだ!

 まだ若干風邪の症状が残っていますが、薬が効いてきて少しはましになってますし、何より、来週のスケジュールがかなりいっぱいいっぱいになっていて、先週末から2週間上映される第2回新・午前十時の映画祭ラインナップ作品は、確実に行けるのが今日しかない、と気づいてしまったので、意地でも行かねばならなかったのです。寒いけれど快い青空の下、いつもよりちょっとのんびり自転車を漕いでTOHOシネマズ日本橋へ。

 今回は1939年作品、誰もがその名を知る名作ファンタジーを、当時の特殊効果を用いてミュージカルとして再現したオズの魔法使』(MGM配給)

 作品があまりに古いので、もはや「当時としてはもの凄く工夫を凝らしたんだろうなー」というのが第一の感想で、内容についてはあんまりとやかく言いたくはない。ただ、これを観たことで、サム・ライミ監督の『オズ はじまりの戦い』が如何にこの作品に敬意を捧げていたのか、とてもよく解りました。あの、現実世界からオズの世界に渡った瞬間にカラーになる趣向や冒険の過程、そして“オズの魔法使い”の正体に見え隠れするモチーフとの共鳴。同時に、本音ではこれの完全なリメイクをやりたかったんじゃないかな〜、という気もしたんですが、或いは本篇で充分に完成されているから、と考え手をつけなかったのかも、とも思う。古いのは古いんですが、観ていて素直に楽しい作品でもあります。

 鑑賞後、ヨドバシAkibaに立ち寄ってちょこっとお買い物。家に戻ったら近所のラーメン屋で昼食を……と考えてたんですが、買い物をしているあいだに風邪がぶり返してきたようで、クラクラしてきた。食欲はないじゃないけど店で食べるのは辛い、という具合だったので、やむなくファストフードで買って帰ることにしました……色々あって、最近はあんまり利用していないマクドナルドですが、この時期限定のグラコロだけはお気に入りなので。