本日の見出し

主義-Ism-

主義-Ism-

 出かけなかったのですが、その代わり先日ネットで購入した古本と中古CDが届きました。CDはこの、高見沢俊彦初のソロアルバム。見出しに引用した曲がとても好きなのですが、発売当時は借りて聴いたため手許になく、買おうと思った頃には既に廃盤。復刻の機を待っていたのですが、どうもその可能性は低いらしい。このあいだ何気なく調べてみたら手頃な価格で入手できるところがひとつだけあったので、衝動的に購入した次第。作詞作曲は高見沢自身ながら、各曲のプロデュースと主立った演奏を海外のミュージシャンに委ねている、というのが着眼であるのと同時に、復刻の可能性が低くなった理由なのかも。

 見出しにした曲は、シンプルな歌詞とせつないメロディがうまく溶けあった、THE ALFEEでは確かに使いづらいタイプの発想で、ソロならではの魅力が籠められてます。最近発表したアルバムの限定盤に収録されたライヴ音源にはこの曲も加えられているようですが、どーしてもオリジナルで聴きたかったの。