第86回アカデミー賞受賞作一覧

 今年もリアルタイムで更新しております。ノミネート作品はこちら。

 あとづけで言っても信じて貰えないでしょうが、けっこう予想が当たりました。特に裏方総ナメ+監督賞で『ゼロ・グラビティ』が来ることと、それでも作品賞に『それでも夜は明ける』が来ること、あと主演男優&女優も予想通りでした。願望込みだったのに的中したので、もー私としてはまったく文句なし。

 ただ、本命視されながらも全部空振りした『アメリカン・ハッスル』ですが、もし他の年ならたくさん撮っていたでしょうし、今年は特に粒揃いだったのは間違いない。とりあえず、男優部門を独占した『ダラス・バイヤーズクラブ』は早く観ておかねば。そして実はいちばん驚きだった脚本賞受賞のスパイク・ジョーンズ監督『her/世界でひとつの彼女』がものすごく楽しみだ。