鑑賞報告

 実はけっきょく、昨晩のうちに鑑賞してしまってました。

 最近ちと物足りないなー、と思ったのは、各スポットに目立つエピソードがないから、とふと気づきました。近ごろは『新耳袋』や『九十九怪談』とは関係なく、独自にスポットを見つけて調査に赴いたりしているうえ、特にこの前後篇は市川力夫現場監督の繰り出す惨たらしいミッションに焦点が据えられているせいもあって、エピソードそのものの怖さが薄れているのです。しかしその分、やっていることが凶悪なので、彼ららしい見応えはある。

 何はともあれ、これで今週末から始まる劇場版新作のための準備は完了。早めに劇場まで足を運ばねば。