本日の見出し

 映画『もうひとりのシェイクスピアサウンドトラックより。ちょっと変わった表記ですが、実はこれ、作中で実作者として描かれるエドワード伯が文武双方に秀で、“Spear Shaker”(槍を振るう人)という仇名も持っていたことに由来します。映画の中でもこれに関する描写はありますが、シェイクスピアと彼の時代に詳しい方はニヤリとするひと幕かも。