『カーズ2(3D・字幕)』

『カーズ2(3D・字幕)』

原題:“Cars 2” / 原作:ジョン・ラセター、ブラッド・ルイス / 監督:ジョン・ラセター / 共同監督:ブラッド・ルイス / 脚本:ベン・クイーン / 製作:デニス・リーム / 編集:スティーヴン・シェイファー / プロダクション・デザイン:ハーレイ・ジェサップ / スーパーヴァイジング・テクニカル・ディレクター:アプルヴァ・シャー / スーパーヴァイジング・アニメーター:ショーン・クラウス、デイヴ・マリンズ / 撮影監督:シャロン・キャラハン / キャラクター・アート・ディレクター:ジェイ・シャスター / 音楽:マイケル・ジアッチーノ / 声の出演:ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、オーウェン・ウィルソンボニー・ハント、トニー・シャローブ、グイド・クアローニ、マイケル・ケインエミリー・モーティマー、ジェイソン・アイザック、エディ・イザード、ジョン・タトゥーロルイス・ハミルトントーマス・クレッチマンジョー・マンテーニャ、ピーター・ジェイコブソン、フランコ・ネロヴァネッサ・レッドグレーヴブルース・キャンベル、ポール・ドゥーリィ、ジョン・ラッツェンバーガー、キャサリン・ヘルモンド、ジェニファー・ルイス、チーチ・マリン / 声の出演(日本語吹替版):山口智充土田大大塚芳忠朴路美落合弘治宗矢樹頼中村秀利花輪英司青山穣津久井教生戸田恵子福澤朗森田順平石田太郎パンツェッタ・ジローラモ小形満後藤哲夫ソフィア・ローレン、沢田敬子 / 配給:Walt Disney Studios Japan

2011年アメリカ作品 / 上映時間:1時間53分 / 日本語字幕:森本務

2011年7月30日日本公開

公式サイト : http://www.cars2.jp/

TOHOシネマズ日劇にて初見(2011/08/06)



[粗筋]

 ラジエーター・スプリングに、英雄マックイーン(オーウェン・ウィルソン土田大)が久々に帰ってきた。メーター(ラリー・ザ・ケーブル・ガイ/山口智充)は大はしゃぎし、親友のために色々な楽しみを企画する。本当は恋人サリー(ボニー・ハント戸田恵子)とのデートを愉しみにしつつも、マックイーンは親友の大歓迎に付き合う。

 マックイーンが帰還したその晩、テレビではワールド・グランプリ開催のPR番組が放送されていた。優勝候補と目されるマックイーンが休暇のために辞退したことを、ライヴァルと見做されているF1レーサー、フランチェスコ・ベルヌーイ(ジョン・タトゥーロ宗矢樹頼)に揶揄されているところを目撃したメーターはたまらず番組に電話をかけ、親友を庇う。慌てたマックイーンは受話器を奪って取りなすが、話の成り行きで、ワールド・グランプリに出場することが決まってしまった。サリーに促され、マックイーンは初めてメーターをツアーに同行させる。

 グランプリは世界の3都市を舞台に開催されるもので、最初のレースは日本、東京で行われた。メーターは初めて触れるエキゾチックな文化に興奮し、レース直前のパーティでもはしゃぎまわるが、ラジエーター・スプリングと同じテンションで行動する彼の姿が、マックイーンに恥をかかせていることに、彼はなかなか気づかない。

 さんざん醜態を晒した挙句、オイル漏れを起こしたと疑われてトイレに駆け込んだメーターは、個室の外で揉み合っていた連中と遭遇する。1台のアメリカ車に難癖をつけていたクラシック・カー2台はメーターの登場に気勢を削がれた格好で引き下がるが、このとき既にメーターは、とんでもないトラブルに巻き込まれていたのである。

 そんなこととはつゆ知らずに迎えたレース本番で、だがメーターはそのトラブル以前に、衝撃的な事態に見舞われてしまう……



[感想]

 この作品の狙いは非常にはっきりしている。ピクサーの2006年作品『カーズ』の世界観でスパイものを作る、ということだ。もっと端的な表現をするなら、それ自体がスパイであるボンド・カーの活躍を描くことがそもそもの目的である、と言い切っていい。

 主役はあくまでメーターであるため粗筋では省いたが、スパイものを志向したのはプロローグの時点で明白だ。海の真ん中にある油田に潜入するのは、イギリスの諜報部員フィン・マックミサイル(マイケル・ケイン大塚芳忠)。全身に仕込まれた特殊なギミックで隠密行動をし、謎を嗅ぎつけ、敵に発見されると派手な手段で抵抗し、脱出する。クルマ自体が意識を持っている、という前提を抜きにすれば、普通にスパイ映画の見せ場になっている。

 その狙いは面白いし、その上でいわゆるスパイ映画のツボとなる見せ場、たとえば奇想天外なアイテムであったり、如何にもといった感じの悪役たちが張り巡らせる陰謀の謎、絶体絶命のピンチに意外な真相、といったものを余すところなく拾い、組み込んだのは見事だ。

 ただ、正直なところ、この組み込み方には失敗している、という印象も否めない。作品の根幹を為す発想はスパイものだが、物語はあくまで前作『カーズ』のキャラクター、前作の主人公マックイーンと、愛嬌のある造形でマックイーン以上の人気を博し実質的に今回の主役となっているメーターが中心となっている。活躍の場所は東京、パリ、リヴィエラ、ロンドンと世界各地に広がっているが、メインの彼らの感覚は基本的に“故郷”であるラジエーター・スプリングに留まっている。

 その感覚が、どうもスパイものとうまく馴染んでいない。ピクサーの作品は3Dアニメーションの技術のみならず、脚本においても安定した質を誇っており、本篇も決して矛盾を来したり、雑さを感じさせない仕上がりにはなっているが、彼らにはこうした隠密行動、何か大きなものを背負った活躍というのがあまり似合わない。如何せん、第1作の舞台であるラジエーター・スプリングの長閑な空気を、メーターもマックイーンも払いのけていないのだ。キャラクターがぶれていない、という意味では評価出来るところだが、テーマと合っているか、と考えると望ましいことではない。

 他方で、スパイものとしてもいまひとつ、という印象が拭えない。確かに、求められる要素は詰めこんでいるように感じられるが、それはあくまで古典的なスパイ映画、ジュヴナイル的な愉しさを持つ冒険ものの要素なのだ。ピアース・ブロスナンの『007』シリーズの面白さはあっても、ダニエル・クレイグの『007』とは異なる。無論、その良さを充分汲み取っていることは認めるのだが、話の呼吸までが古いスパイもののムードを帯びてしまっている。見せ場では派手な描写が認められるが、全般ではどうもテンポが緩い。メーターとマックイーンの友情にまつわる場面のゆったりとした描写と相俟って、主題のわりに展開が悠長に映ってしまうのだ。

 このキャラクター、この発想をまとめたものとしては、最上の仕上がりであることは間違いない。それは素晴らしいことだが、本当ならどちらか片方にするべきだったのではないか、と思えて仕方ない。前作のキャラクターを引き継いだものなら、もっと彼らの価値観に合ったストーリーを用意するべきで、『カーズ』という世界観の上でスパイものをやりたいのなら、マックイーンやメーターは脇役に割り切って用い、フィンたち本職のスパイを完全にメインにするか、本篇のメーターに当たる役割も、まったく新しいキャラクターに演じさせるべきだったのではないか。

 とはいえ、現実にはあり得ない世界、設定を丹念に描き出し、心地好い異世界へと運び込んでくれるピクサーの手際そのものは安定している。『WALL・E/ウォーリー』や『トイ・ストーリー3』あたりの完成度を求めてしまうと物足りなさは禁じ得ないが、下手な実写のアドヴェンチャー映画などより遥かに安心出来る娯楽作品であることは確かだ。彼らの醸しだす暖かな空気に、ゆったりと浸って鑑賞して欲しい。



関連作品:

カーズ

ファインディング・ニモ

WALL・E/ウォーリー

カールじいさんの空飛ぶ家

トイ・ストーリー3

007/危機一発(ロシアより愛をこめて)

007/ダイ・アナザー・デイ