『Dr.HOUSE Season3』第11話 リハビリ

 証拠を握られ、遂に審理にかけられることになったハウス医師。そこへ担ぎ込まれたのは、火災現場で突如心筋梗塞を起こして倒れた消防隊員だった。少しでも状況を打開するべく、リハビリ施設に入ったハウス医師は、助言を求めに日参するキャメロン医師らに、消防隊員の驚くべき症状を指摘した……

 トリッター捜査官との戦い、ようやく完結。最後はちょっと呆気ない気もしましたが、これまでの描写を踏まえつつ、医療の要素を駆使した法廷ドラマのような推移を見せていて、驚くほど見応えがあります。本当に何なんだこのクオリティの高さ。

 そして診察の面でも、久々に不安のない冴えを示している。基本的にハウス医師のところに運び込まれるのは異様な症状を呈しているとはいえ、今回のは特にとんでもない代物です。まさかこのシリーズで電気ショック療法を見るとは思わなかった。それも、ちゃんと効果を上げてるし!