たぶん3度目のつけ麺 五ノ神製作所。

つけ麺 五ノ神製作所の海老味噌つけ麺、小盛&トッピング味玉。 15日の映画鑑賞のあと、バイクを駐めてある駐輪場からちょっと歩いたところにある、五ノ神製作所を訪れて昼食を摂りました。記憶では、これが3度目の訪問。

 この界隈にはわりあいしょっちゅう来てるのに、3度しか食べてないのは、シンプルに混んでるから。覗きに来ては列の長さに怖じ気づいて踵を返す、というのがいちどや2度ではない。今回も、結局1時間近く並ぶことに……30分くらいは覚悟してましたけど、さすがにこれはくたびれた。もう食べる気満々だったので、観念して待ちましたけども。ただし、食券は列に着いているあいだに確認してもらえるので、席に着いてからの待ち時間は短めでした。

 注文したのは海老味噌つけ麺。並盛りで500グラムあるらしく、さすがに現在の胃の調子では無理なので、食券を渡すときに小盛りにしてもらいました。この場合、サーヴィスとしてトッピングが追加できる、というので、味玉を追加。

 店の外で待ってるあいだも漏れてくる海老の香りが物語るとおり、つけ汁の海老風味が強烈。いちおう味噌のはずなんですが、恐らく“味噌”のつかないつけ麺と並べて食べないと違いが解りません。少なくとも、前に食べたのがだいぶ前だった私にはほぼ海老でした。<ドロドロのつけ汁をつけ麺ではスタンダードな太麺に絡めると、麺の風味もあるけれど口の中にはほぼほぼ海老の風味。

 つけ汁の中に投入されたチャーシューは厚めの角切りになったもの。こういう濃いつけ汁だと、歯応えと肉の食感を留めているのがアクセントになります。あまり脂身もなくさっぱりしているので、バランスもいい。更に、麺に載せられたキャベツも、海老味に染まった口の中をいい具合に休めてくれる。

 ……とは言い条、私のここのところの体調だと、それでもちょっと濃厚すぎて胃に重い。麺を食べ終わる頃にはしんどくなってしまい、スープ割りまで到達出来ませんでした。それが解ってるから小盛にしてもらったんですが、まだキツかった。

 しかし美味しいのは確か。中毒性があるから、しばしば訪問を試みていたわけで、きっとまたそのうち立ち寄るでしょう……でも半年くらい先かな。

レンタルDVD鑑賞日記その642。

Not Found 38  ―ネットから削除された禁断動画― [DVD]

Not Found 38 ―ネットから削除された禁断動画― [DVD]

  • 出版社/メーカー: アムモ98
  • 発売日: 2019/03/08
  • メディア: DVD
 昨年3月リリースの『Not Found 38 -ネットから削除された禁断動画-』を鑑賞。空き地でルアー投げをして遊んでいた最中の惨事の記録“釣り針が…”、冬の山中でのキャンプを収めた動画に残された怪奇現象“ソロキャンプ”、前後篇“ある霊感少女の記録”ほか全6篇を収録。

 いい意味でも悪い意味でも安定の仕上がり。さすがにほぼ不動のスタッフでここまで巻数を重ねると、作風はしっかりと固まってくるみたいです。

 悪い意味での代表格は毎度おなじみ杉本の暴走編。前巻から続いて、故人で宇宙旅行を計画している、という人物を勝手に追う話ですが、想像通りしょーもない話に落ち着いてます。もはやホラー・ドキュメンタリーというより悪質なコントみたいな流れ。とてもこのスタッフらしい、とは言えますが、本来ふつーにボツにすべき話だぞ。こいつららしいけど。

 いい意味での代表は長篇"ある霊感少女の記録”です。けっこう大事なひと言をその場で軽々しくスルーして、あとから気がつく、という成り行きがあまりにもわざとらしいのと、クライマックスの表現にどうしようもなく嘘くささがつきまといますが、エピソードそれ自体の不気味さは出色。これくらいネタが良ければ、この程度の不自然さは許容しよう、うん。

アンテナショップで福島のラーメンを食べたのです。

日本橋ふくしま館MIDETTEの飲食コーナーで提供されていた、老麺まるやの喜多方らーめん。 13日、TOHOシネマズ日本橋で映画を観たあと、さてどこで昼食を摂ろう、としばし悩んだ挙句、足を向けたのは、福島のアンテナショップMIDETTEでした。

 地元の特産品が買えたり観光情報が見られるのはもちろんですが、ここには飲食のコーナーが存在するのです。スイーツの他、地元の名店のラーメンを入れ替わりで提供している、というのを、確かちょっと前の『モヤモヤさまぁ〜ず2』でやっていて、いちど立ち寄ってみたかったのです。映画館を出たのが14時過ぎ、もう昼食どきの会社員はあらかた引けた頃だと思い、試しに訪ねてみると案の定、空いていたので、さっそく注文。

 このとき提供していたのは老麵まるやの喜多方ラーメンでした。チャーシュー増しのメニューらしきものはオーダーストップになっていたので、基本の喜多方ラーメンを注文。

 車で遠出したがる父が亡くなってからというもの、以前より買う機会が減ってしまいましたが、高速で茨城方面に向かったときは必ず喜多方ラーメンをお土産に買っていたくらい、うちはこれが好きなのです。モチモチしているけど弾力も程よい麺に、優しい醤油ベースのスープ。具はチャーシュー増しにメンマと、オーソドックスなラーメンの趣ですが、この安心感と、それぞれのクオリティの高さがいい。

 調理スペースが限られていることもあってか、メニューは少なめですが、変に悩まなくていいのは却って有難いかも知れません。今後もときどき覗いてみようかと思います。

『テッド・バンディ』

TOHOシネマズシャンテの入っているビル外壁にあしらわれたキーヴィジュアル。

原題:“Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile” / 原作:エリザベス・クレブファー / 監督:ジョー・バリンジャー / 脚本:マイケル・ワーウィー / 製作:マイケル・コスティガン、ニコラス・シャルティエ、アラ・ケンシアン、マイケル・シムキン / 製作総指揮:ザック・エフロン、マイケル・ワーウィー、ジョナサン・デクター、ジェイソン・バレット / 撮影監督:ブランドン・トゥロスト / プロダクション・デザイナー:ブランドン・トナー=コノリー / 編集:ジョシュ・シェファー / 衣装:ミーガン・スターク・エヴァンス / キャスティング:ニーリー・アイゼンスタイン / 音楽:デニス・スミス、マルコ・ベルトラミ / 出演:ザック・エフロン、リリー・コリンズ、カヤ・スコデラリオ、ジェフリー・ドノヴァン、アンジェラ・サラフィアン、ディラン・ベイカー、ブライアン・ジェラティ、ジム・パーソンズハーレイ・ジョエル・オスメントジョン・マルコヴィッチ / 配給:PHANTOM FILM

2018年アメリカ作品 / 上映時間:1時間43分 / 日本語字幕:佐藤恵子 / R15+

2019年12月20日日本公開

公式サイト : https://www.phantom-film.com/tedbundy/

TOHOシネマズシャンテにて初見(2020/01/23)


続きを読む

『リチャード・ジュエル』

TOHOシネマズ日比谷のロビーにて撮影した、作品パンフレット。

原題:“Richard Jewell” / 原作:メアリー・ブレナー / 監督:クリント・イーストウッド / 脚本:ビリー・レイ / 製作:ジェニファー・デイヴィソン、レオナルド・ディカプリオジョナ・ヒルジェシカ・メイヤー、ケヴィン・メイシャー、ティム・ムーア / 撮影監督:イヴ・ベランシェ / プロダクション・デザイナー:ケヴィン・イシオカ / 編集:ジョエル・コックス / キャスティング:ジェフリー・マイクラット / 音楽:アルトゥーロ・サンドヴァル / 出演:ポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェルキャシー・ベイツオリヴィア・ワイルド、ブランドン・スタンリー、ライアン・ボズ、チャールズ・グリーン、ジョン・ハム / マルパソ製作 / 配給:Warner Bros.

2019年アメリカ作品 / 上映時間:2時間11分 / 日本語字幕:松浦美奈 / PG12

2020年1月17日日本公開

公式サイト : http://richard-jewell.jp/

TOHOシネマズ日比谷にて初見(2020/01/23)


続きを読む

翻訳者はつらいよ。

 週末も当然のように映画を観に行きます。毎度ながらきのう封切られた作品にも落としたくないものが幾つかありますが、いろいろ考えて、既に公開済で気になっていたけど、油断すると急に終わってしまいそうなのをチョイス。結果、3週連続で新宿、しかも新宿ピカデリーに来ることになりました……この2年ほど、6本観れば1本が無料になるサービスが、ポイントの有効期限切れで無効になるのを繰り返してたというのに。実はこないだの『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は無料鑑賞でした。

 少し前に出ていた予報では今日あたり雨と言われてましたが、ここに来て保ってくれたので、バイクにて移動。途中の道は空いてましたが、新宿、そして映画館内はひとが詰めかけてる……やっぱり土曜日は基本的に避ける方がいいな……。

 鑑賞したのは、ダン・ブラウンインフェルノ』翻訳の際に、流出を恐れた出版社が各国の翻訳者を地下室に閉じ込めて作業をさせた、というエピソードをもとにした本格ミステリ映画9人の翻訳家 囚われたベストセラー』(GAGA配給)。

 設定が既に魅力的なのでちょっと期待が大きすぎた嫌いはある。もっと推理や駆け引きが展開するのか、と思ってたら、そこまで伏線まみれの作りにはなってない。とはいえ仕掛けは随所に凝らされていて、変化に富んでいる。逆転に意外な伏兵、そしてクライマックスの緊迫感と、理にかなった終幕。観終わって振り返ってみると、伏線ではないけれど実に趣深いやり取りがあちこちに鏤められていて、繰り返し鑑賞する楽しみもある。個人的に求めてたものとは違いましたが、紛れもなくよく練られたミステリ映画です。

 鑑賞後は、こないだから来たかったつけ麺 五ノ神製作所へ。……案の定、すっごい並んでる。しかし前回、前々回と比べればまだ早い時間なので、今回は腹をくくって列につく。小一時間くらい待ちましたけど、まあたまにはいいだろう!

爆笑問題withタイタンシネマライブ#63。

 午後の用事を済ませ、家で荷物を入れ替えたあと、2カ月にいちどのお楽しみ、タイタンシネマライブへ。

 今回のタイタン所属芸人はまんじゅう大帝国に松尾アトム前派出所、日本エレキテル連合、ダニエルズにウエスト<ランド、脳みそ夫という面子。……ゲストが荒れる危険もあったので長井秀和が居なくて良かった。たぶん結婚祝いで松尾アトム前派出所が出ることになったからだと思う。ぶっちゃけ、これまでと毛色の違いすぎるネタで、だいぶ微妙な空気になってましたが。私のお気に入りは珍しく漫才で仕掛けてきたダニエルズ。毎度の女装ネタをぶち込んで、ちょっとおもむきを変えていたのが良かった。

 ゲスト1組目はさすらいラビー。あんまりネタを見た覚えがなかったんですが、かなり面白かった。ボケ担当の中田のルパン三世じみた動きのキレがクセになりそう。

 2組目は準レギュラー格のつぶやきシロー。こちらはいつも通り、ひたすらイライラすることを並べるだけなんですが、それ故にほとんど外さない。

 3組目は、まさかの純烈です。歌ネタは多数出演してますが、純然たる歌手が出るのって初めてではなかろうか。オリジナル2曲に往年の昭和歌謡2曲の合わせて4極、がっつりと歌っていきました。しかも中盤で2曲歌うあいだ、温泉よろしく可能な限りの観客と握手していきました。雰囲気がらりと変わったわ。

 4組目は三四郎。途中で相田がネタを忘れた模様ですが、さすがに仕上がりには安定感がある。直前に登場したウエストランド脳みそ夫のネタも織り込んでいて、中堅の風格が出てきた気がします。

 BOOMER&プリンプリンが『カイジ』をもとにしたネタでゆる~い空気にし、爆笑問題が昨日の大きな1件をさっそく採り入れた時事ネタで手堅くまとめたあと、大トリは特別ゲストのおぼん・こぼん――遂に呼んでしまった。

 舞台で喧嘩を始めた、とか途中からひとりで舞台に立ってた、とか色々と伝説が飛び交うほどに不仲が知れ渡っているので、果たして無事に済むかしら、とヒヤヒヤしてましたが、そこはやはり大ヴェテランでした。噂通り目線を合わさずまともにツッコミもしない有様なのに、ちゃんとネタになってる。「はよ死ね」とボソッと呟く本気で怖い相槌も挟んだりしながら、全体ではちゃんとコンビ芸になっていた。なんだか凄いものを観た。

 だいぶ時間がいっぱいいっぱいだったようで、カーテンコールは初めから全員揃った状態でしたが、ここでもおぼん・こぼん師匠は終始面白かった。ちなみに順列は、リーダー・酒井一圭がBOOMERの河田と以前から親しく、その伝手で酒井のほうから出演を願い出たのだとか。意外な登壇でしたが、これはこれで面白かったので、また来て欲しい。